KOHAKU BIO TECHNOLOGY yamano GROUP

KOHAKU BIO TECHNOLOGY yamano GROUP

R & D on KOHAKU 琥珀の研究開発

琥珀研究の最前線 琥珀研究の最前線

進化する琥珀の可能性と研究テーマについて、
その第一人者にお話を伺いました。

取締役 中央研究所 所長
筑波大学 生命環境系 教授 山本卓也

「琥珀の中の何が、どのように作用するのか、
科学的に実証されているものはほとんどありませんでした」

琥珀バイオテクノロジーによる琥珀研究の歴史と、その膨大な研究成果と琥珀に関するナレッジは、まったくの「未知への挑戦」でした。最初に取り組んだのはコハクパウダーの開発。新たな琥珀の粉砕技術を開発し、化粧品にも配合できる、よりなめらかなパウダーを作り出すことに成功しました。そして、このコハクパウダー®(PD)は、2005年に、〈化粧料・天然色素退色防止〉に関する特許を取得することができました(特許第3725848号、特許第3741429号)。また、理化学研究所と琥珀に関する共同研究を開始し、これを機に、有効成分の抽出・精製の研究は大きく加速していくことになります。

「何に、どんな温度で、どの程度の時間浸すことで、
どんな成分を抽出できるか、試行錯誤を繰り返しました」

途方もない数の失敗と修正を重ねた末に発見したのは、「皮膚ターンオーバー促進効果(2008年)」と「ヒアルロン酸産生促進効果(2009年)」。これらの美肌効果は2012年にコハクエキス®リペア(RE)としてW特許を取得します(特許第4953204号、特許第4953203号)。さらに別の抽出法から、「育毛効果(2010年)」「美白効果(2011年)」を発見し、それぞれコハクエキス®グロウ(GR)、コハクエキス®ホワイト(WH)として2015年に特許を取得することにも成功しました(特許5858561号、特許第5858562号)。さらに2015年には琥珀エキスのナノ化に成功し、コハクエキス®ナノ(RE NANO)として新規機能を有するエキスを開発しました。

「たったひとつの琥珀という素材から、いくつもの有効成分が発見されること。
日々発見と感動があるのは、琥珀研究ならではの魅力だと思います。」

「新たな生理機能の可能性を秘めた素材として注目されています」

さらに琥珀バイオテクノロジーは、琥珀の健康・エイジングケア効果など、琥珀が持つ未知なる可能性を引き続き探求すべく、2017年に筑波大学発ベンチャーとして、筑波大学内に中央研究所を設立しました。 琥珀は様々な可能性を秘めた素材として注目されています。植物に含まれる物質の中には生理機能を持つものがあり、植物樹脂が化石化した琥珀には未知の成分も含まれるため現代の植物を上回るほどの効果が期待できます。我々はこれまでに、琥珀に関する研究成果として論文・出版物を数々発表しており、特に2013年、日本美容皮膚科学会誌に掲載された論文は、最優秀論文賞を受賞するに至りました。産学の立場を越えた飽くなき研究の日々と、それを支える研究者たちの情熱は少しずつ、しかし確実に琥珀の神秘を解き明かすことにつながっているのです。

研究者が解き明かした琥珀健寿エキスと琥珀エキスの効果の一部をご説明します 研究者が解き明かした琥珀健寿エキスと琥珀エキスの効果一部をご説明します

琥珀健寿エキス

  • Chapter.1

    琥珀健寿エキスS型

  • Chapter.2

    琥珀健寿エキスT型

  • Chapter.3

    琥珀健寿エキスK型

  • 琥珀健寿エキスS型による「脂肪分解を促進する」効果

    1.見た目だけじゃわからない!『内臓脂肪』

    内臓脂肪は私たちが日常を過ごすために必要なエネルギーの貯蓄です。そのため、エネルギーを使用しない・過剰なエネルギー摂取を行えば脂肪の量は増加していきます。
    内臓脂肪が増加すると、善玉コレステロールは減り、悪玉コレステロールは増加する傾向にあります。悪玉コレステロールは体に様々な悪影響を及ぼすため、病気になりやすい体になってしまいます。

    2.脂肪分解のメカニズムと『琥珀健寿エキスS型』の働き

    脂肪分解酵素により、体内に存在する脂肪は分解されています。分解された脂肪のかけらは、燃焼されエネルギーとして働きます。

    琥珀健寿エキスS型※には脂肪分解酵素を活性化させる働きがあります。脂肪細胞はより細かくたくさん分解され、燃焼されるエネルギー量を増加させます。
    ※琥珀健寿エキスS型の成分:コハクエキス、ツバキ種子エキス、インド生姜(マンゴージンジャー)エキス

    3.細胞実験における『琥珀健寿エキスS型』の脂肪燃焼効果

    4.ヒトによる『琥珀健寿エキスS型』服用前後の内臓脂肪

    ※医療法人社団 鳳凰会 フェニックス メディカル クリニックにて検査実施

  • 琥珀健寿エキスT型による「糖の吸収を抑える」効果

    1.糖質の取りすぎ注意!

     私たちは、食事を通して炭水化物を摂取します。炭水化物は体内に入ると消化によりブドウ糖へと分解され、血液中に入ります。この血液に入ったブドウ糖の濃度が“血糖値”と呼ばれるものです。  通常、ヒトの体ではホルモンが分泌され、血糖値の濃度を調整します。しかし、炭水化物・お酒・甘いものばかり摂るといった偏った食生活をするとホルモンの分泌が追いつかず、“高血糖”とよばれる状態になります。

    2.糖の吸収メカニズムと『琥珀健寿エキスT型』の働き

     琥珀健寿エキスT型※には、炭水化物がブドウ糖に分解される際に必要な消化酵素を必要以上に作らせない効果(ブロック1)があります。またブドウ糖に分解されても小腸の壁を通過するのを防ぐ効果(ブロック2)があります。結果、血液中に入って体内に吸収されるブドウ糖の量が減少します。吸収されなかったブドウ糖は外へ排泄されます。
    ※琥珀健寿エキスT型の成分:コハクエキス、難消化性デキストリン、桑の葉エキス

    3.細胞実験における『琥珀健寿エキスT型』のダブルブロック効果

    4.ヒトによる『琥珀健寿エキスT型』服用前後の空腹時血糖

    ※医療法人社団 鳳凰会 フェニックス メディカル クリニックにて検査実施

  • 琥珀健寿エキスK型による「血圧を正常に保つ」効果

    1.日本人に多い『高血圧』

    血圧は、自律神経によってコントロールが行われています。自律神経は外敵などから身を守るとき“緊急反応”という、戦う・逃げるために体を都合の良い状態にさせる働きがありますが、ストレスを感じた場合にも同様の反応を起こします。
    精神的・物理的ストレスが多ければ多いほど、自律神経は活発となり心拍数が増加。心臓から送られる血液の量は多くなり、“高血圧”となります。そのほかにも塩分の摂りすぎや、過度の飲酒等が血圧上昇の原因につながります。

    2.血圧上昇のメカニズムと『琥珀健寿エキスK型』の働き

    精神的・物理的ストレスにさらされるとアンギオテンシン変換酵素(ACE)が活性化し、血管を縮めようとするため血圧が上昇※1します。琥珀健寿エキスK型※2はこのACEに作用し、活性を抑制するため、血圧の上昇を抑えることができます。
    ※1実際にはACEの活性化によって発生する物質が血管を収縮します
    ※2琥珀健寿エキスK型の成分:コハクエキス、γアミノ酪酸、ブルーベリー葉エキス

    3.細胞実験における『琥珀健寿エキスK型』の血圧上昇抑制効果

    4.ヒトの『琥珀健寿エキスK型』服用前後の血圧

    ※医療法人社団 鳳凰会 フェニックス メディカル クリニックにて検査実施

琥珀エキス

  • Chapter.1

    コハクエキス®リペア(RE)による
    表皮・角層のエイジングケア

  • Chapter.2

    コハクエキス®ナノ(RE NANO)による
    真皮のエイジングケア

  • Chapter.3

    コハクエキス®グロウ(GR)の
    育毛活性

  • Chapter.4

    コハクエキス®ホワイト(WH)の
    美肌効果

  • コハクエキス®リペア(RE)による
    表皮・角層のエイジングケア

    皮膚ターンオーバー促進効果(特許第4953204号)

    コハクエキス®リペア(RE)には肌の生まれ変わりを正常に。
    ゴワついた肌を滑らかにすることによりに、美肌効果を生み出します。

    なめらかな肌へ 肌の生まれ変わりを促進

    ヒト表皮細胞にコハクエキス®リペア(RE)を添加し、ターンオーバーを促進する遺伝子の量を測定しました。その結果、コハクエキス®リペア(RE)なしの細胞と比較してコハクエキス®リペア(RE)を与えた細胞では、ターンオーバーを促進する遺伝子の量が2倍増加していました。

    ヒアルロン酸産生促進効果(特許第4953203号)

    コハクエキス®リペア(RE)には肌の水分量を高め
    みずみずしくふっくらとした肌へと導きます。

    みずみずしい肌へ 肌の潤いアップ

    ヒト表皮細胞にコハクエキス®リペア(RE)の細胞を添加し、ヒアルロン酸産生酵素遺伝子の量を測定しました。その結果、コハクエキス®リペア(RE)なしの細胞と比較してコハクエキス®リペア(RE)を与えた細胞ではヒアルロン酸産生酵素遺伝子の量が3.5倍増加していました。

    ヒトの皮膚モデルに琥珀から抽出したコハクエキス®リペア(RE)を添加し、ヒアルロン酸を茶色に染色しました。その結果、コハクエキス®リペア(RE)なしの皮膚と比較してコハクエキス®リペア(RE)を与えた皮膚では特に表皮において茶色が濃くなる、すなわちヒアルロン酸がたくさん作られていることが確認されました。

  • コハクエキス®ナノ(RE NANO)よる
    真皮のエイジングケア

    コハクエキス®ナノ(RE NANO)のアンチエイジング効果

    コハクエキス®ナノ(RE NANO)は今までのコハクエキス®リペア(RE)
    さらにパワーアップさせて効果を高めたエキスです。

    ハリのある若々しい肌へ

    コハクエキス®リペア(RE)をナノ化させることにより、肌への浸透を高めました。
    また、シワ・たるみをサポートする成分をバランス良く配合することでさらに効果を高めました。

    コラーゲン遺伝子の増加効果

    肌のハリをアップ シワのない肌へ

    ヒト表皮細胞にコハクエキス®リペア(RE)の細胞を添加し、ヒアルロン酸産生酵素遺伝子の量を測定ヒト真皮線維芽細胞にコハクエキスナノ®を添加し、
    1. I型コラーゲン遺伝子の量の測定
    2. I型コラーゲンを分解する酵素の量の測定
    3. I型コラーゲンを染色実験
    を行いました。その結果
    1. コハクエキス®ナノ(RE NANO)を与えた細胞ではコラーゲン遺伝子の量が6倍増加
    2. コハクエキス®ナノ(RE NANOを与えた細胞でコラーゲンの分解が1/5に抑制
    3. コハクエキス®ナノ(RE NANO)を与えた細胞が濃い赤色に変化
    実験から、細胞内でコラーゲンが多く生成されていることが確認されました。

  • コハクエキス®グロウ(GR)の
    育毛活性

    VEGF遺伝子の増加効果(特許第5858561号)

    コハクエキス®グロウ(GR)で処理することにより
    VEGF遺伝子が3倍増加しました。

    太くたくましい髪の毛へ

    コハクエキス®グロウ(GR)で処理することにより
    真皮の環境を整え、コハクエキス®ナノ(RE NANO)の効果を高めます。
    その結果VEGF遺伝子が3倍増加。
    理化学研究所との共同基礎研究により、育毛効果があることを見出しました。

  • コハクエキス®ホワイト(WH)の
    美肌効果

    メラニン産生抑制効果(特許第5858562号)

    コハクエキス®ホワイト(WH)にはメラニンの生成を抑え、
    シミのない肌へ導く効果があります。

    シミのない澄んだ肌へ

    紫外線によるエンドセリン-1の働きを抑制すること、またチロシナーゼが約5倍抑制することが確認され、メラニンの合成を抑制する効果が確認できました。
    また、一般の化粧品にもよく使用されるアルプチンの100倍以上の美肌効果があることがわかりました。

琥珀バイオテクノロジー株式会社は特許の琥珀抽出技術およびその成分を活用した商品開発など、より多くのお客さまに琥珀の力を届ける取り組みにご賛同・ご協力していただけるパートナーを募集しています。
少しでも興味をお持ちいただけましたら、当サイト内お問い合わせページより、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら